おならの臭い解消!ガスメディックの発明者

おなら.jp



おならの臭い解消!ガスメディックの発明者

ジム・フーザとシャロン・フーザ

ガスメディックを発明したジム・フーザ

ガスメディックを発明したジム・フーザは、空気ろ過のエンジニアとして室内の空気品質や臭い問題解決のために住居、商業、産業の施設で25年以上働いてきました。共同発明者であるジム・フーザの妻シャロン・フーザは看護学校を卒業し看護婦として働いてきました。

ガスメディックのアイディアを得たきっかけは、アインシュタインの"できる限りシンプルに。しかし、あるレベル以上シンプルにすべきでない。"という言葉でした。勿論、アインシュタインが実際におならの問題で苦しんでいたかどうかはわかりません。しかし、ガスメディックは、アインシュタインの「できる限りシンプルに。しかし、あるレベル以上シンプルにすべきでない。」という論理に基づいています。

ジムの空気ろ過エンジニアとしての知識と経験から得たアイディアとシャロンの看護婦としての患者と常に接していることから、患者の立場にたって考えてできた製品がガスメディックです。