おならが出やすい体質

おなら.jp



おならが出やすい体質

食べ物とおならの関係

小腸には、繊維分を分解する酵素がないため、繊維分は小腸で消化吸収されず、大腸へ送られて分解されます。その際に発酵してガスが発生するのです。したがって、食べた物や量、又は体調によってガスの発生する量や臭いが変わってきます。

  • イモ類など繊維分の多い食物
    繊維質の多い食物を多く食べると、それだけガスの量も多くなります。その際、水素ガス、メタンガスが多量に発生するのですが、ニオイはそれほどキツくありません。基本的に水素やメタンはまったくの無臭です。
  • 肉、ねぎ類、にんにく、にらなど硫黄分が多い食物
    これらの食物を多く食べると、大腸で分解されるときに腐敗し、インドール、スカトールなどのガスが大量に発生し、においの強いガスが発生します。

ストレスからくるおなら

ストレスが直接おならを作るわけではありませんが、強いストレスを感じることで、胃腸の調子を崩し過敏性大腸炎やクローン病などの病気になり、結果的におならが出やすい体質になってしまうのです。
一番かわいそうなのが「おなら恐怖症」の人です。
オナラに対して極端な嫌悪感があり、人前では常に「おならが出てしまったらどうしよう」というプレッシャーにさらされます。そのプレッシャーが原因でおならが出やすい体質になってしまうこともあるのです。