オナラが出るメカニズム

おなら.jp



おならが出るメカニズム

平均的なおならの回数

平均的には大人は普通一日に合計0.5〜1.5リットルの量のおならを5回から20回に渡って放出します。おならを放出することを放屁(ほうひ)といいます。

メカニズム

小腸上部で消化吸収されなかった食物の残渣(カス)は、小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用によって分解されるときに、ガス(腸内ガス)を発生させます。このガスのほとんどは腸管から吸収されますが、吸収しきれないものが肛門からおならとして排出されます。

おならの成分

おならの成分の約9割は口や鼻を通って入ってくる外部もので、残りの1割が体内の微生物によって造られるガスです。主成分は以下の通りです。

  • 窒素(体外から取り込まれたもの)
  • 酸素(体外から取り込まれたもの)
  • メタン(体内のメタン生成古細菌により生産)
    主に肛門の近くにいるメタン菌によって合成されますが、3人中2人はメタンガスを一切含まないおならをする事が知られています。 その代わりにメタン菌がいないと硫酸還元菌が優勢になるため硫化水素が増加することになります。
  • 二酸化炭素(体内の好気呼吸微生物により生産、体外からも取り込まれる)
  • 水素(微生物により排出)体内の古細菌がメタンを合成するために、もしくは硫酸還元菌が硫化水素を合成するために消費する。

微量だが臭いの元となる成分

  • 酪酸:腐ったバターのにおい。
  • 硫化水素
    腐った卵のにおいがある。タンパク質の分解や硫酸還元菌の活動によって作られる。
  • 二酸化硫黄
    タンパク質の分解によって造られる。
  • 二硫化炭素
    タンパク質の分解によって造られる。
  • アンモニア
    尿素と関係がある。
  • リン化水素
    魚臭いにおいがする。リン酸塩や食物中のリンと関係がある。
  • インドール
  • スカトール